創業80周年-since1933-

2013.10.20

会社表札

私の祖父・伊藤龍次郎が昭和8年(1933年)金沢市(今の)松ヶ枝町で、断裁機1台から「紙を切る」という仕事を始めて以来、本年で80年を迎えました。
弊社の詳しい遍歴はHPの「会社の沿革」をご覧下さい。
私は平成2年(1990年)に祖父から会社を引き継ぐ形で、株式会社を設立・改組しました。
経営にとって最も重要な事で、社長の最重点責務は“会社を永続させること”であると誰しもがおっしゃっています。私もその通りだと思います。
経営におけるすべてのジャッジは、”会社を永続する”ことの延長線でなければならないとも考えます。決してその場限りの損得・良し悪しでは判断出来ないと思います。
そんな奥深い洞察力を経営者は絶えず磨いていかなければいけないと猛省する毎日です。
祖父の生き様を象徴するに、古参社員から教えて頂いたこんな言葉があります。
【運・鈍・根】
皆さんも聞いたことがあると思います。成功の要因でもよく取り上げられる言葉です。
その言葉を聞いた時に、祖父の人生を語るにピッタリの言葉だと思いました。
祖父は職人の塊りのような人でしたので、人を指図したりすることはおろか一切無駄口を叩かずに黙々と仕事だけをする昔ながらの人間でした。
ただ、好奇心と行動力は凄かったと思います。
そんな祖父の残した唯一の仕事の考え方をまとめたものが、当社の「社訓」です。
これからも社訓-創業理念を忘れずに「運・鈍・根」の精神で精進していく所存です。
今後共宜しくお願いします。

北陸 石川県にある紙器・パッケージのデザイン・製造はイトウ紙工へ

箱やの大将とは

株式会社イトウ紙工
イトウ紙工会社案内のイメージ

紙製品パッケージならイトウ紙工に

創業85年の三代目
創業85年の三代目のイメージ

石川県金沢市で昭和8年に祖父が創業した会社の三代目ブログです。

ラーメン食べ歩き
ラーメン食べ歩きのイメージ

石川県を中心に、ラーメンその他を食べ歩いています。